R_IMG_9011

はじめまして、『もみじ』ともうします!

人間大好きな甘えん坊です。

よろしくおねがいします!

我が家の一員となって1年がたちました。

運命的な出会いを遂げた猫です。

我が家からほど近い場所に、福島の原発事故で取り残されたペットたちを保護しているシェルターがありました。

ポストに、里親募集のチラシが入り、シェルターの存在を知ったのでした。

ちょうどその時、我が家で飼っていた猫ちゃんを失って2年。寂しさは増すばかり・・

特に生まれた時から猫と一緒に暮らし、育ったひとり息子は、猫が兄弟みたいなものです。

『もう、僕猫がいないとダメだ。。』と息子からつぶやかれ、

『わかった!どこかで絶対いい猫探してくるから〜!』

と宣言してしばらく経った矢先、ポストに里親募集のチラシが入っていたのでした!

これは、いてもたってもいられなくて、すぐシェルターを訪れました。

シェルターには、狭いケージに50匹ほどの猫が避難生活をおくっていました。

その時点ですでに事故から3年。

猫の寿命から考えると、その期間はあまりにも長い・・。

猫たちも、お世話をしている団体関係者の方々も、疲弊しきっていました。

その中で出会あったのが『もみじ』でした。

女の子で、3歳くらい、性格のいい子、イメージしていたとおりの猫でした。

『大変な苦労ををしてきた猫だから、絶対に幸せにしてあげようね!』

家族共通の思いでした。

ところが・・・

もみじちゃん、長い間の集団生活で、数多くのボランティアさんにもかわいがっていただいていたようで、

とっても人懐こいし、聞き分けも良く、ほとんど手をわずらわせることもなく。

こちらも拍子抜けするほど、いい子ちゃんで・・・

家族間で言い争いや喧嘩になったりすると、必ず間に入り、『ニャ〜〜』と仲裁にきます。

結果、こちらのほうが、幸せにしてもらっているのでした・・!

とにかく人に接するのが大好きな子なので、猫好きなお客様は、お知らせいただければ、もみじも臨時スタッフとして、お客様をお迎えします。

ぜひ可愛がってあげてくださいね!

※通常施術室には入りません。
※申し訳ございませんが、猫苦手な方、アレルギーのある方は、ご遠慮いただいております。